ポストする May 21, 2016


遺品回収 銚子市観光協会

まだ本格的なパイプオルガンが、日本に数台しかない時代だったため大変な評判となり、社団法人日本放送協会では、演奏を聞かせるラジオのレギュラー番組が組まれ、日本放送協会と三越の間には専用回線まで引かれたという。

2008年「三越伊勢丹ホールディングス」設立以降、実施店は伊勢丹直営店にも拡大した(静岡や関西では実施していない)。 なお、協賛企業は三越伊勢丹だけではない。 遺品回収 銚子市観光協会.

戦略的拠点と位置づけられた一部の地域では、資本を注入し直営化を図った例もあるが、基本的には加盟店の自立を支援し、従来からの「のれん」を残したケースの方が多い。このスタンスは、ネットワーク拡大を優先しM&Aを仕掛けたダイエーやセゾングループとは大きく異なるものだった。

ビデオ 遺品回収 銚子市観光協会

遺品回収 銚子市観光協会.

「三越」改称の案内の際に「デパートメントストア宣言」を行い、そのことを以て日本での百貨店の歴史が始まりすることが多い[2]。(実際の百貨店化の動きなどの日本の百貨店の始まりについての詳細は日本の百貨店の歴史参照)。また三井財閥(現三井グループ)のルーツとなった「越後屋」の呉服店事業を引継いだため、「三井財閥(現三井グループ)の礎を築いた企業である」とされることも多いが、企業としての三越としてみるならば、三井の事業から呉服店部門のみを「合名会社三井呉服店」として分離したのが始まりである。

1970年、日本初の通販番組フジテレビの「東京ホームジョッキー」(運営はディノス。1972年から「リビング11」に改称)開始。この番組は1983年に終了するが、スタッフ、キャストがテレビ東京で、三越一社提供番組「レディス4」を開始することになった。同番組は2012年から「L4YOU!」と改題している。近年L4 YOU!紹介商品はインターネットでも注文ができるようになった。 当初は全国ネットだったが、三越の小型店店舗撤退とリンクして放送を打ち切った地域もある。 遺品回収 銚子市観光協会. 三井家(三井財閥)の元祖である三井高利によって1673年(延宝元年)江戸本町一丁目の借店(かりだな)に「越後屋三井八郎右衛門」を創業。1683年(天和3年)には、駿河町(現在の日本橋三越本店所在地)へさらに営業を拡大させ移転。同時に両替店を開設し、この両替店は現在の「三井住友銀行」へと発展することになる。 そして駿河町に店を構えると江戸中に札(広告)を配り、下記のような当時では画期的な商法を次々と打ち出し、当時富裕層だけのものだった呉服を、ひろく一般市民のものにした。

地域 【千葉】住宅支援シンポジウム「安心できる住まいを!生活困窮者自立支援制度と住宅支援」 開催期間

2012年度は銀座:マロニエ ゲート(三菱地所)、栃木:福田屋百貨店、宮崎:ボンベルタ橘でも セールは開催されたが、これらの各社は、読売新聞社との契約で実施しているもので、三越伊勢丹と提携関係があるからではない。[14]

商号の「三越」は、三井家の「三井」と創業時の「越後屋」からとったもので、1904年に「合名会社三井呉服店」から「株式会社三越呉服店」へ改称した際からのものである。1935年に竣工した日本橋本店は、東京都選定歴史的建造物に選定されており、2016年度に国の重要文化財に指定見込みである(官報告示を経て正式の指定となる)[1]。現在の同店のキャッチフレーズは、「飾る日も 飾らない日も 三越と」、「This is Japan」。遺品回収 銚子市観光協会.

セブン&アイ・ホールディングスはスーパーのイトーヨーカ堂及びコンビニのセブン-イレブン(一部の店舗を除く)でも2005年から実施しているが、百貨店のそごう・西武では実施していない(現在のそごう・西武と西武鉄道には資本関係が全くないが西武百貨店が埼玉西武ライオンズのスポンサーのためライオンズセールが通例となっている。またイトーヨーカ堂とセブン-イレブンはジャイアンツとライオンズの両方のセールを実施している)。 遺品回収 銚子市観光協会. 日本橋三越本店のパイプオルガンで、開店時に「お江戸日本橋」が演奏されており、三越のテーマ曲のような存在となっている。かつては同曲のオーケストラによるアレンジ版が、テレビCMなどで流れていたこともある。このオーケストラ版は1951年12月31日、ラジオ東京(現・TBSラジオ)で開始された番組『三越文学サロン』の宣伝用に制作されたもので、地方では1954年7月13日より、聴取エリア内に仙台店がある東北放送ラジオの『朝の百貨店案内』の中で流され、それ以来1989年12月末までの約35年間、同番組内で流れ続けた。三越広報資料室によると、これは同曲のテレビ・ラジオにおける使用期間としては最長記録である[19]。

またエレベーターガールを最初に採用したのは1929年の松坂屋上野店だった。エレベーターの技術革新と人件費削減等の理由により、現在では日本橋高島屋などを除いて日本全国ほとんどの百貨店でエレベーターガールは廃止されている。日本橋三越では、今もエレベーターガールが常時配置されているが、6台のうち、中央2台のみと限定的な運用となっている。[16] 比較的遅くまで残っていた名古屋三越栄店でも2009年10月でエレベーターガールは廃止された。一方、高松三越では1996年に廃止したが、2011年3月「開店80周年記念」の期間限定企画として復活した。[17]

遺品回収 銚子市観光協会 その手始めとして、年間20億円の赤字を出していた新宿店南館を1999年7月に閉館し、同年9月10日「IDC大塚家具新宿ショールーム」を賃貸入居させた。

また、三越自身が1995年に大丸と上記にあげた3本の業務提携を行ったり、2000年には高島屋と物流・情報システムや用度品の共同購入を行ったり(現在はどちらも提携解消)[46]したことによりグループの再編は加速した。 遺品回収 銚子市観光協会. 2008年に高級観光バス「三越伊勢丹プレミアムクルーザー」を導入、三越伊勢丹旅行(デビュー当時は三越トラベルセンター)主催の旅行などで使用する。この車両は2007年に開催された東京モーターショーで日野自動車が展示した参考出品車、セレガプレミアムを営業に供しているものである。個別にテレビモニターも備えた革張りのリクライニングシートを備え、前後5列・横2席、乗客定員わずか10名、さらに後部にはトイレ・洗面所も備える、贅沢な造りの車である。実際の車両管理・運行は東京ヤサカ観光バスが担当、ナンバープレートは希望ナンバーで「三越」である32-54を取得している。好評のため2012年にも追加で導入され、こちらはケイエム観光バスが担当する。2009年には通常の2-2レイアウトを採用する「三越伊勢丹グランドクルーザー」も登場している。

三越の系列店政策は、同じ市場で競合しないための紳氏協定的(他百貨店グループと重複加盟をしない排他的)な要素が強く、三越は札幌、仙台、高松、松山には古くから直営店を出店していたため、これらの都市を本拠とする地方百貨店の参加はなかった。