ポストする June 2, 2016


遺品 処分 嵐山美食

今年NHKBSで7回にわたって放映されたものを録画していたので、昨日と今日で一気に見た。主演は堺雅人、ほかに妹役・栗山千明、ヒロインは京野ことみなど。第一回「鹿島の太刀」。鹿島神宮の神官の家に生まれて幼いときから鹿島の剣を学んで育った塚原新右衛門(後の卜伝)が、回国修行(武者修行)の旅に出て、野盗退治で初めて人を斬る。その後小田原へ出て伊勢宗瑞(北条早雲)・中尾彬の催す御前試合で異様な剣を使う牧元鬼を倒す。塚原は養子に行った先の名前で、もとは卜部吉川(うらべよしかわ)家の生まれ。父親役の中村錦之介(萬屋錦之介の昔の名前だが別人・もう死んでるからあたりまえか)。この人、役にはふさわしいのだが、多分歌舞伎出身の人だろう、セリフに微妙な間があるので少し違和感有り。舞台の人はなかなかテレビとリズムが合わないことが多い。栗山千明がいつもどおり良い。この人はエキセントリックな役でも静かな役でも何でもこなす。だんだん美人に見えてきた。なぜ江戸に行かずに小田原だろう、と一瞬思ったが、時代は16世紀初頭の戦国時代である。江戸はまだ蘆の原っぱの湿地帯で、人はあまりいなかったのだ。第二回「御前試合」。しばらく小田原にいた新右衛門は、さらなる相手を求めて京都に上る。山中で鹿乃(かの)・京野ことみを助けたことがきっかけで、管領大内義興の家老平賀丹波守・風間杜夫の食客となる。鹿乃は丹波守の娘だった。今回は将軍足利義尹・本多博太郎の御前試合で大内氏の政敵、細川氏が抱える海内無双といわれる大野秀孝と対決し、これを倒す。第三回「将軍暗殺」。将軍足利義尹が刺客に襲われ、重傷を負う。丹波守に頼まれ、新右衛門は刺客の円珍と戦う。仕掛けのある武器に苦戦し、怪我をするもののからくも勝利を収める。第四回「一拍子の太刀」。船岡山の戦いで勲功をあげた新右衛門だが、大内氏の政敵、細川氏のたくらみで再び御前試合をする羽目になる。今回の相手は両端に長刀の刃をつけた武器を持ち、しかも異様な面をかぶった難敵・南栄。どのようにしても手元に入り込む手立てを思いつかない新右衛門は苦悩するが、もがき抜いたあげくに新しい境地に入り、当日の立ち会いの場では一瞬の間に相手を倒す。南栄は異人であった。第五回「最強の敵」。新右衛門のもとには次々に立ち会いを望むものが現れるが、歯ごたえのある相手は現れない。京都を発とうと思っていた矢先に奥津源三郎・榎木孝明という人物が昔最強の剣豪だったという噂を聞く。立ち会いを申し入れた新右衛門に対し、奥津はもう剣は捨てた、と立ち会いを拒否する。京都の夜に、辻斬りが次々に人を襲う事件が発生する。その犯人がなんと奥津であることが判明する。奥津は血に酔う殺人鬼になりはてていたのだ。奥津は今までの敵よりさらに強かった。二刀を使い、つけいる隙がない。はやる心を静めて我に返った新右衛門はようやく奥津を倒すことが出来る。しかし奥津の姿は自分自身の未来を見るようで新右衛門は剣の闇に迷い込む。第六回「一つの太刀」。新右衛門はこれまで倒してきた敵の亡霊に悩まされる。山内氏とともに山口へ行くという丹波守と別れ、鹿乃とも別れて新右衛門は鹿島の神のもとへ帰ることを決意する。鹿島へ帰った新右衛門は鹿島神宮に千日間籠もる修行をする。血で汚れた身を祓い、新たな境地を求めた新右衛門は夢中で鹿島流の開祖に出会い開眼する。第七回「卜伝見参」。鹿島領では政争が続いていた。新右衛門も父、義父、師の松本備前守・永島敏行たちに、一派に荷担することを強く求められる。しかし新右衛門は政争には加わらないで再び旅に出ることを伝える。争いから逃げると見て師の松本備前守は真剣で立ち向かってくる。神技でそれを退けた新右衛門に備前守は再び回国修行に出ることを了承する。塚原卜伝と名をあらためた新右衛門は、旅先で備前守が戦で死んだことを聞くが国元へ帰ることはなかった。

NHKBSで広州のアフリカタウンを取り上げていた。中国はアフリカとの結びつきを強めている。中国は急激な経済の膨張に伴い、資源の確保をしなければならず、比較的に手つかずのアフリカの資源を狙っているのだ。アフリカも振興策として資源を売り、国内を活性化させたいと思っている。そこでアフリカから商売をするために続々と中国に人々がやってきているのだ。なんと広州だけで10万人のアフリカ人が暮らしている。彼等は流ちょうな中国語を操り、したたかな中国人と対等に渡り合うだけのしたたかさも持っている。彼等は広州の一角のアフリカタワーと呼ばれる大きなビルを中心にアフリカタウンを形成している。中国のアフリカとの交易額は現在年間10兆円。これは日本の5倍である。20世紀後半、日本は商社の活躍でアフリカに販路を築いてきた。アフリカでは自動車も電化製品も日本製がもっともシェアが高く、人気もあったのだが、現在はほとんどが中国製になってしまった。これは価格が安いことが大きな理由だが、商売をするアフリカ人をそれだけ受け入れるだけの懐が中国にはあり、日本にはなかったことも大きいだろう。日本でアフリカタウンなど想像できるだろうか。アフリカはエイズと旱魃と民族紛争ばかりが報道されているが、今新たに開発された資源を担保に、凄まじい勢いで勃興しつつある。このエネルギーの熱さは日本には伝わっていない。商社にいた叔父が、40年以上昔に、21世紀初めは中国の時代だろう、しかしその後、アフリカが台頭するだろう、といっていた。中国については当たったが、アフリカについては予言は外れたと思っていた。だがアフリカは今ふつふつと煮えたぎるマグマのように爆発寸前のようだ。しかし今アフリカタウンは縮小しだした。どんどん商売が中国人に奪われ出しているのだ。アフリカの現地の通貨はドルと交換される。そのドルと中国の元とで商売が成り立つわけだ。ところが成長しているアフリカの現地の国々はGDPが伸びるに伴いインフレも加速している。世界的にドルが安くなっているというのに、現地通貨と比較するとドルは値上がりしているのだ。そして元はじわじわとドルに対して値上がりを続けている。アフリカのバイヤーたちは二重のレート変動から、利益を確保することが出来なくなってしまったのだ。永住を決意し、中国人の女性と結婚したアフリカ人たちが苦悩している姿があった。 ゴミ屋敷 処分 嵐山美食.腰痛もやや治まったので名古屋へふらふらと出かけた。いつもの飲み友達に未練がましいメールを入れていた。「今日は名古屋まで出かけるけれど飲むのは控える」と。期待通り、ちょっとだけ飲もう、という連絡が入った。彼が仕事を終えるまで3時間ある、映画でも見に行こう。シニアだから1000円で見ることが出来る。ちょうどミッションインポッシブルの最新作がかかっている。混んでいるのかと思ったらそこそこで、自分の好みの席(前の中央)を確保。 遺品 処分 嵐山美食.

松阪市殿町 重要文化財 旧松坂御城番長屋〔御城番屋敷 . 東大阪市横小路町 臨済宗 天嵐山 醍醐寺(安楽寺) No.833:

見る 遺品 処分 嵐山美食


遺品 処分 嵐山美食.

殺処分せざるを . 美食のうんちゃらリゾナーレって広告が山手線に . 京都嵐山コンセルジュと称する山出しさんらの .


殺処分せざるを . 美食のうんちゃらリゾナーレって広告が山手線に . 京都嵐山コンセルジュと称する山出しさんらの .

香取市不用品回収遺品整理ゴミ屋敷汚い部屋整理家具家電回収引き取り不用品買取り引っ越し不用品回収庭の不用品回収 . 遺品 処分 嵐山美食.



遺品 処分 嵐山美食 - 説明